『何が凄いかって云えば』

crc019_L



サーティワン・アイスクリーム・ベイクドチーズケーキ・クレープ。


先日のお休みで唯一の幸せだった時間。


あくまでもスイーツではなくデザートの王者として君臨するクレープに、


恐ろしく美味しいアイスを2つ選べてトッピング出来る傑作。


アイス単品すら美味しいのに、駄目押しでクレープで包み込む。


悟空とルフィーのコンビみたいだ。


悟空がどっちか?が凄い訳では無く、アメリカっぽい作りの店内だけど、きっと日本がアメリカ風(ロッテリアとかね)に創業したんだろうと思ったら、


本当にアメリカ生まれのアイスクリーム屋さんだった事以上に、本当の名前は「バスキン・ロビンス」だった事。


更に日本のフランチャイズはあの不二屋とアメリカ本店との共同会社だったりする。


あと31種類有り、一ヶ月毎日違う味が楽しめるって意味でも有る。


そんな日本オリジナルの店名を無視し、「ラブポーションサーティワン」しか認めないハードコア姿勢を貫く。


ただし2種類選べるので、もう一つは「時期限定」のアイスを選ぶポップスな姿勢も大切にする。


ダブルがサービスの時は、「ラブポーションサーティワン」のダブルにして事もよくある。


年がら年中クリスマスモードのサーティワンアイスクリームで一度働いてみたい。


BGMも担当してみたい。


食べたい。


『根本的にデザインと云うか色合いが完璧。可愛さと美味しさの調和が凄いもん』

JGGGGGGGG



毎日食べても僕は絶叫する自信が有る。


其れ位に美味しいラブポーションサーティワン。


市販のアイスで毎日絶叫してるのはコチラだよ。


『必ず一口目は美味しい!!って大きな声を出す』

DFHGJ



そんなアイス(愛す)事情。


gowest_blog


then


silasblogtop


humis_blogtop


yashiki


vvro


raleighblog



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------




『これぞ求めていたテレビ番組』

VGG



やっと紹介出来る現状の時点で既にレジェンド級の番組です。


本来クイズ番組は昔から観ないタイプですが、先日テレビを付けるとこの番組が。


一画像だけで何か違和感を感じる。


それは回答者と、その回答者の座るセットだった。


更に司会者が登場してビックリ。漫才師「ますだおかだ」の岡田圭右さん。


左右のキャスティングとセットに戸惑いつつ、見続けるとこれが面白い。


再放送の様に見せかけて現行番組。


内容とバランスを取った本当に低コストのセット。


失礼ながら誰もが全盛期を終える訳で、そんな現役を終えた感が強い懐かしのタレントさん達。


そのタレントさんが一組で飛び道具だったら分かるけど、4人の回答者が全てジョーカーである。


コンセプトが本当に明確に一目で分かるしっかりとした番組。


因に仕切りとしての岡田さん、凄い良いです。このゲスト陣だからこその調和です。


この番組は2015年の10月にスタートした週一のクイズ番組だったんだけど、


最大の衝撃は、


今年の10月から月曜日から木曜日の帯番組になった事。


クイズ番組の帯って何だ?全てが驚きを隠せない素晴らしい番組を見つけてしまった。


因に帯番組になってから、ほんの多少だけどゲストは豪華になったよ。多少ね。


でも、多分直ぐに戻ると思う。予算オーバーになって(笑顔)


今日の日記読んだ方、今日の22時、テレビの前に座って「BSフジ」にチャンネルを合わせて待機しててね。


僕らはラジオの収録だから観れないけど、最高の1時間を過ごせるから。


この面白さを共有出来る人は仲良くなれる気がする。逆も然り。


水を飲んでて吹き出した事が有るもん。


さて、今日のゲストは…クックック…因に視聴者プレゼント有るけど、コンセプト通りで驚くよ。


低予算だから…クックック…完璧だよね。


『毎週正月三が日の昼間気分を味わえる名盤組誕生!!』





2階だけでなく、1階にも電話で問い合せの多かったブランド「YASHIKI:ヤシキ」のタートルネックニットですが、


やっと今週末に入荷する事になりました。


yashiki2016aw09


yashiki2016aw10


yashiki2016aw11


yashiki2016aw12



急激に寒くなったので厚手の冬物を奥からゴソゴソと出し始めた方も多い筈。


ゴソゴソするのが面倒な方、取りあえずオリジナル・クラシックも良いけど新しい武器が欲しい人は是非どうぞ。


マフラー要らずのヴォリューム感です。


僕みたいにウールが着れない肌の繊細な方は、コチラをどうぞ。


GOHEMP:ゴーヘンプ
CABLE H/C NEP HI-NECK PULLOVER(GHC9078CNP)
15,000円(税抜)


送料・手数料無料!
受付当日発送可能!
(クレジットカード決済で1万円以上ご購入の場合、送料・手数料無料となります。
17:30までオーダー受付の場合当日発送致します。都合により当日発送出来ない場合も御座います。)

ミックスCDプレゼント!!
(¥3.000-以上の商品を1点ご購入につき、1タイトルをプレゼントします。)

1088716599


108871659


108871659_o2


108871659_o3



それでは車の方はお店の「前じゃなくて」向かい側に停めて御来店お待ちしております。


歩いて来る方は、ふくらはぎのマッサージサービスを江口がするそうです。


本日もお待ちしております。


『憧れの高田渡さんの歌を聴きながら』




この楽曲は60年代に起きた連続ピストル射殺事件「永山則夫」の詩を、獄中に直接許可を貰いに行った高田さんが手直しして完成させて楽曲。


永山則夫は少年時代に事件を犯し、獄中で90年代に入り執行されるまで小説を創作し、高い評価を得ています。


彼の事件は死刑の基準を変える程の日本では大きな事件でした。


4人も殺害したどうしようもない人ですが、人を惹き付けるカリスマ性が有るのは事実だと思います。


死刑から減刑、そして再度死刑が決まった時に、


『生きる希望の無かった人に生きる希望を与えておきながら結局殺す。こういうやり方をするんですね』


死刑執行される時、最後の言葉は、


『俺を殺したら革命が起きるぞ』


決して難しい言葉でも文法でも無いけど、何かに訴えかけて、心に痣が出来るかの様な言葉を残しています


僕もリアルタイムだったら、どう捉えていたかな?と彼の本を読むと思ったりもした事も有る。


でも、自分の大事な人を殺されたらカリスマも何も関係無いので、永山則夫との距離感はずっと難しいです。


人としては屑以下で、小説家としては才能に溢れてる。でも同じ人。


これは安っぽいドラマである素敵な女性が駄目な男性に心を惹かれる心境と同じなのかとも。


なので、そんな事を悩むのなら、高田さんを聴く方が良いやって。


お酒を呑み過ぎて死んじゃった高田渡さん。


高田さんは永山則夫の事をどう思っていたんだろう?





-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


◎2016年10月:定休日

PROVEN:
24日(月)

FUNNYSWEET:


risey2016


direngrey_blog


hatsune_slipon


koncos1


click3


click


click2


blog1

blog2

blog3

blog5

blog6